目の下のたるみに効く化粧品はこれだ!科学的に厳選した3つをご紹介

目の下のたるみを無くしたい!

目の下のたるみは、ほうれい線と並んで老けた印象になるポイントです。
人物の絵でもほうれい線と目の下にたるみを描くだけで、あっという間に年齢が1世代年をとって見えてしまいます

このように目の下のたるみはいつまでも若く美しくいたい女性にとっては大敵なのです。

目の下のたるみに効く化粧品の条件

目の下のたるみに効く化粧品のご紹介の前に、どういった化粧品がたるみに効くのか?その条件について述べてみたいと思います。

ちなみに、私は日本化粧品協会の主催するコスメ検定の1級とコスメコンシェルジュの資格を持っています。コスメコンシェルジュは化粧品をイメージではなく科学的に判断できるための勉強をしてます。なので、派手な広告やイメージに流されることなくしっかりとした化粧品選びができます

化粧品選びができます!

話を戻します。

たるみの改善に必要な化粧品の成分は、なんといってもレチノールです。

レチノールは活性型のビタミン誘導体の一種です。皮膚や粘膜の正常な代謝を促進するので保湿機能を高める化粧品に使われています。

また、コラーゲンの合成代謝を促進することが最近の研究によりわかってきましたので、シワやタルミの予防にも応用されるようになってきました。

そんなレチノールですが、いったいどの化粧品に配合されているのでしょうか?
化粧品は人それぞれ合う合わないがあるので、まずは低価格でお試しできるトライアルセットがあるものの中からおすすめのものをご紹介いたします。

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ
ラインセラム アイEX



アンプルールは現役の皮膚科医が開発した化粧品ブランドです。

アンプルールのラグジュアリー・デ・エイジシリーズのアイクリームであるラインセラム アイEXは植物幹細胞グロースファクター、そして純正レチノールが配合された、エイジングケアに特化したアイクリームです。

目の下のタルミの改善にはレチノールが良いのはもちろん、細胞を活性化させるグロースファクターも含まれていますので、よりいっそう目元のハリに期待ができます。

さらにセルフメンテナンスペプチドも配合されており保湿もバッチリです。
保湿はスキンケアの王様と言われるほど、肌にとってとても大事なことです。
肌にかぎらず細胞は水分がないと活動できません。なので水分を逃さない保湿は美肌には必須なことなのです。

お試し用のトライアルキットもあります

アンプルールトライアルキット

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジはお試ししやすいトライアルキットがあります。
しかも、ラインセラム アイEXだけではなく、ラグジュアリー・デ・エイジをラインでお試しすることができます。

化粧水のリフティングローションVにもグロースファクターが配合されてます。
美容液のリジュリューションVは引き締め効果のあるDMAEが配合されており、さらに、クリームは保湿効果の高いセラミドが3種類含まれております。

これだけのフルセットで望めば、目の下のたるみのお悩みも解消に向かうのではないでしょうか。
目の下のたるみを改善して、若々しい顔を取り戻したい方はぜひ一度お試ししてください。



たるみの原因

そもそも“たるみ”はなぜ起きるのでしょうか。
肌再生の専門クリニックにはこのように書かれておりました。

老化によって肌のコラーゲンが減少している状態は、骨が減少する骨粗しょう症に似ています。言ってみれば『肌粗しょう症』だと考えていただくとわかりやすいでしょう。肌はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分でできていますが、そのコラーゲンがスカスカに減ってしまうと肌のハリは失われてしまいます。

しわ・たるみ(ほうれい線など)に肌再生医療が効く理由 | 肌再生医療の J.YOSHIDA CLINIC
(引用NGでしたらすぐに削除いたしますのでご連絡ください)

なるほど、骨粗しょう症に例えるとわかりやすいですね。
皮膚も皮膚を作っている成分が分解や減少してしまって、それによりハリを失ってたるみとなって表れてしまうということなんですね。

なので、コラーゲンの生成を促すスキンケアで肌のハリを取り戻すことが重要なのです。

スキンケアと保湿の関係

様々なスキンケア商品がある中で、あなたはどういう部分を優先して選び出しますか?気になった製品に出会ったら、第一段階はトライアルセットで体験した方が良いでしょう。
今ではナノ化が行われ、非常に小さい粒子となったセラミドが流通していますから、これまで以上に強力な浸透性を考慮したいということであれば、そういう方向性のものがやはりおすすめです。
プラセンタサプリにつきましては、今日までに特に副作用で不都合が生じたことはないはずです。そのくらい非常に危険度の低い、人の身体にマイルドな成分と判断できるのではないでしょうか。

「自分自身の肌には、何が足りていないのか?」「それをどのようにして補給するのか?」を思案することは、いざ保湿剤を手に入れる際に、随分と助かると考えていいでしょう。
普段と変わらず、いつものスキンケアをする上で、美白化粧品を活用するというのも確かにいいのですが、その上にプラスアルファということで美白サプリメントを服用するのもより効果を高めます。
綺麗な肌には基本的に「うるおい」は絶対必要です。とりあえず「保湿のシステム」を頭に入れ、真のスキンケアを継続して、若々しさのある美しい肌を手に入れましょう

正しい美容液の選び方

美容液と言いますのは、肌が切望する効能のあるものを塗布してこそ、その実力を示してくれます。そういうわけで、化粧品に使われている美容液成分をチェックすることが必須になります。
22時~2時の時間帯は、肌の新陳代謝が最高に高まるゴールデンタイムになります。「美肌」がつくられるこの絶好のタイミングに、美容液を使っての集中ケアを実行するのも理想的な使用方法です。
保湿成分において、圧倒的に保湿性能が高いものが近頃耳にすることの多いセラミドです。いかに乾いたところに居ても、お肌の水分が逃げるのを阻止するサンドイッチ状の機構で、水分を維持していることにより、その保湿性が発現されるのです。

ベーシックなお手入れのスタイルが誤ったものでなければ、使ってみた感じや肌に塗布した感じがしっくりくるものをピックアップするのが適切だと思います。値段にとらわれることなく、肌に優しいスキンケアを忘れないようにしましょう。
お肌の防護壁となる角質層に蓄積されている水分は、2~3%程度を皮脂膜、おおよそ17~18%前後を天然保湿因子、そうして残った約80%は、セラミドといわれる角質細胞間脂質の働きで保護されているとのことです。

コラーゲンと老化

歳をとるごとに、コラーゲンが減少してしまうのは避けられないことでして、そういう事実については納得して、どうしたらできるだけ保つことができるのかについて手を打った方が利口だと言えます。
しっとりとした肌を保つ役割を担っているのが、保湿成分であるセラミドで、セラミドの量が低減すると、お肌の水分量も維持されなくなって乾燥してしまうのです。肌に水分を与えているのは化粧水なんかじゃなく、体の内側に存在する水だということです。

美白化粧品に多く配合されているビタミンC誘導体で目指せるのは、美白ですね。細胞の奥の方にある、表皮の下の真皮まで入り込むビタミンC誘導体には、他にも肌の生まれ変わりを強化してくれる機能もあります。
入浴後は、皮膚の水分が最も消失しやすいシチュエーションなのです。湯船から出て20~30分ほどで、入る前よりも肌が乾燥した過乾燥の状態になってしまいます。お風呂の後は、15分以内にケチらず潤いを与えましょう

目の下のたるみを解消するポイントまとめ

・目の下のたるみはレチノールが配合された化粧品でケアをする
・おすすめはアンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ ラインセラム アイEX
・アンプルールは皮膚科医が開発した科学的にしっかりした化粧品ブランド
・レチノールだけではなくグロースファクターも配合されていてより一層エイジングケアが可能
・トライアルキットならシリーズのラインが低価格(2,100円 2016年6月現在)で全部お試しできる

老けて見られてしまう目の下のたるみ、本当に嫌ですよね。
でも、これからのスキンケア次第ではこれ以上悪化させないことや、以前の状態に戻ることも可能性があります。

化粧品は人によって合う合わないがありますので、これを使えば100%よくなるとは断言できませんが、何はなくとも試してみなければわかりません。
ぜひこの機会に本格的なエイジングケア化粧品をお試ししてはいかがでしょうか。